②機電設備リース・委託管理
無駄なく、安全に、確実な設備をご提案

設備リース
/ 委託管理

  • HOME
  • 機電設備リースおよび委託管理サービス

機電設備リースおよび委託管理サービス

機電設備リースの目的

機電設備リースの目的

中国への進出から10年以上経過している工場は、施設の老朽化に伴い、電気設備等の不具合から生じる火災の危険性を排除することは出来ません。

特に昨今、中国で多い電気設備からの火災を防ぐため、新たな電気設備の購入を検討している会社も多い事と思います。

そこで私ども「宇田諮問管理有限公司」は、電気関連設備に特化した【リース事業】を開始する運びとなりました。

機電設備リースのサービスイメージ

二社連携でお客様をサポート

設備リースの6大メリット

1. 手持ち資金の有効利用が可能になる

1. 手持ち資金の有効利用が可能になる

多額の設備投資の代わりに、月々のリース料のお支払いだけで済むため、手持ち資金の効率の良い運用が可能になる。

2. 最新の機械設備が利用可能に

2. 最新の機械設備が利用可能に

予め機械設備の老朽化を想定し、耐用年数に合わせリース期間を設定すれば、最新の機械設備を活用し続ける事が可能です。

3. コストが一定

3. コストが一定

契約中のリース期間は原則固定の為、月々の支払いが平準化できコストの把握が容易になり金利変動によるリスクの回避ができる。

4. 機械設備管理メンテナンス

4. 機械設備管理メンテナンス

リースした機械設備を宇田機電設備安装工程が定期的にお伺いし、保守点検サービスを行います。

5. 信頼の於ける機械設備の納品

5. 信頼の於ける機械設備の納品

リースする機械設備は日系メーカーが生産する信頼性の高い機械設備をリース致します。

6. 減価償却(会計上の取り扱い)

6. 減価償却(会計上の取り扱い)

貸借対照表にリース資産として資産計上し、減価償却を行う。支払いリース料と同額を長期未払い金として負債計上。